• 先日作業をしてもらったが、作業時に気分を害したので2時間お願いしていた所を切り上げて1時間にしてもらった。
  • お葬式などでバタバタしてて、やっと落ち着いた所、今回依頼した件のことを思い出し改めて不快な気持ちになった。
  • 大した金額ではなかったが、同じような被害に他の人があったらと思い、連絡をした。
  • 作業に男女2名で来た。 ・作業開始時に「どこを片付けしましょう?」と聞かれたので「台所と居間を」と伝えた。
  • 「必要物を間違えて破棄してもいけないので必要物をどけてもらえますか?」と言われたので自分も作業をしていた。
  • 作業員の方が作業をしている所を見るとごみが溜まっている上にゴミを置いていたので片付けとは?と思った。
  • 途中「拭き掃除などはしてくれないのか?」と伝えたら「片付けは片付けで清掃とは違いますので」と言われた。
  • 男性の方からすごい勢いで言われたので「そうですか」と答えてしまった。
  • 片付けと掃除をお願いしたつもりだったのに・・・。
  • 「次どこしましょう?」と言われたので「見て汚い所があればやって欲しい」と伝えた。
  • その後も「ここはどうしますか?」といちいち聞かれてうんざりした。
  • なので「もういいです、自分でします」と言って1時間で帰ってもらった。
  • 入院中に家を放置していたので部屋がぐちゃぐちゃのままでカビが生えている状態で自分だけではどうにもできないと思ったから今回依頼をしたのに、正直がっかりした。
  • 今後こんなことがないよう、皆に注意喚起をして欲しい。

事実確認

  • 電話連絡と作業は自分がした。
  • 現地対応者は依頼者である奥様のみで他の家族(ご主人)は不在。
  • 「台所の片付けを」とのことだったが必要物不要物と物で溢れている状態。
  • 「必要物を間違えて破棄してもいけないので必要物不要物をお伺いできますか?もしくは必要物をどけてもらえますか?」とトラブル防止のため、作業前にお願いの声掛けをお客様にした。
  • その後、作業時に必要か不要か不明な物が出た場合は都度「これは残しますか?捨てますか?」と確認をし、作業をしていた。
  • 作業時にゴミの上にゴミを置いた覚えはないし、必要物の上にゴミを置いたりはしてないと記憶している。(普段もそんなことはしていない)
  • 作業途中に「掃き掃除拭き掃除など清掃もお願いできますか?」と聞かれたので「簡易清掃は追加費用を頂ければ対応可能」と案内した所、なら不要ですと断られた。
  • 途中から「ここはどうしましょうか?」と要望を要所要所確認していたが「う~ん、どうしたらいいですか?」と言われてしまうこともあり、お客様自身もあやふやだった。
  • そんな中、賞味期限切れの飲食物も「残して欲しい」と言われたので、「これは残すよりは捨てたほうがいいですよ」といったアドバイスも一応した。
  • 必要物に関してはカテゴリー別に分けて整理し、最初「ペンはどけて欲しい」と言われたがまとめた後に「やっぱりそのままにして欲しい」と言われたりもした。
  • 徐々に不機嫌になり、最終「もういいです。」と言われたので最後は食器洗いをし、終了した。
  • 一応作業をした分の時間の作業代を徴収し、終了。

兵庫片付け110番からのコメント

この度はお客様のご要望に沿った作業ができず申し訳ございませんでした。

お片付け作業などに関しては、いつも以上にお客様のご要望を詳しく聴取し、寄り添った作業をすべきであったところ、不足していたと痛感しております。

今後はよりお客様のご要望の把握に努め、再発防止策を徹底してまいります。

大変申し訳ございませんでした。